【動画】12月一級建築士製図試験 予想問題 出題者意図を知る

長い長い闘いも残すところあと1週間となった。

『エスキスの手順』

『作図の手順』

『計画の要点』

自分の武器をしっかりと確認していく時期だ。

今週末はそれらを今一度見直してみて欲しい。抜け・漏れ・忘れが無いか確認して欲しい。

そして来週はもう一度自分の武器を暗記。頭に叩き込む時期だ。

 

予想問題

予想問題を作ってみたので、もし今週末時間があれば、見直しに役立ててもらえれば幸いだ。

この問題は、10月問題と可能な限り同じような難易度だが、部門から『ちぎり(他部門の要求室を配置すること)』が10月問題とは異なる。10月試験は多目的展示室を1階に配置すると、うまくまとまりやすい問題であったが、この問題は1階に別の要求室を配置する問題となる。

12月一級建築士製図試験予想問題

予想問題をnoteでアップした。

ダウンロード(note)

 

 

 

 

 

 

 

【動画】作り方から出題者意図を学ぶ

前回のブログで問題文の作り方を解説したが、今回は私が考えた12月予想問題を作る過程・思考プロセスをより具体的に動画で解説した。

 

まとめ

知彼知己 百戰不殆

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

孫氏の兵法

負けない事が大事。勝つ事を急がない。

冷静に勝算を分析し、前準備が大切。

自分の技量を過信しない。

自己満足で分析や準備に時間を費やしていたのでは負ける。

相手の事をしっかり調べる。

あと1週間は戦略的に!

無理し過ぎず!

コメント

タイトルとURLをコピーしました